ネパール滞在記2015

2015 年 9 月 2 日

4月の終わりに起きたネパールでの震災を受けて、直後より募金を募っていた私達ですが、第二弾となる皆様からのお志を持って7月にネパールへ行ってまいりました。
話によるとカトマンドゥに住む友人宅は半壊の上、北西部にある実家や家畜も全滅。
私達がいつも通っていた彼の工場も、二度目の地震の際に入れない状態になってしまったとのこと。
仲の良い友人女性の実家の村ではほとんどの家が全壊し、家族も入院中。
カトマンドゥにいる彼女も再三の余震の恐怖から家を離れキャンプ生活とのことでした。

現地に入ってみると、首都のカトマンドゥの被害は思っていたよりもひどくはなく、以前の様子を取り戻しつつあり、ホテルやレストラン、友人のお店も営業を再開していました。
知り合いを訪ねては話を聞き、友人家族の無事退院の知らせなどを聞いて、ホッと一安心。
みんな少しずつ平常を取り戻しながら元気に日常を送っていた。

しかしながら、北西部にある彼の実家へと足を運ぶと、倒壊した家々がそのままの状態で放置されている景色が続く。
モンスーンが近づいている事から、その村の多くの人たちが被災して3日目にはトタンで仮住まいを作っていたとのこと。
雨季をやり過ごしてから、本格的に家を再建するとの事。
何ともたくましい。
女たちが日常のかたわら倒壊したレンガを拾ってはまた使えるようにと集め直している。
何とものんびり。

状況は困難でも、あるものでどうにかしようとする力強さや、お互いを支え合おうとする優しさは、ネパール人らしくて最高だ。
客人をもてなす優しい心と、笑顔と冗談で毎日を楽しく過ごしている。

しかしながら、震災をきっかけにネパールへの観光客が激減している今日。
これまでそれらに従事していた人々は、震災から復興しようとしても厳しい状況が続いているようだ。
ネパール政府は1世帯あたり20万円程度の資金援助をすると約束して、最初に数万円を支給した。
しかし、それからその残りの額がいつ配られるのか、まだまだ何も決まっていないよう。

皆様からのお志を彼と、彼を取り巻く多くの人々の家と仕事の再建に使わせていただきました。

地震が起きたからといって皆ふさぎ込む事はなく、前向きに未来を見ているようでした。
のんびりでもあり、楽観的でもあり、ネパールらしく、復興の道を辿っている、そんな様子でした。

皆様からのお志、本当にありがとうございました。
心より感謝いたしております。
1度募金を締め切らせていただこうと思います。
この場をお借りして皆様へのお礼と、ネパールの様子をお伝えいたしました。

またこの冬にネパールへ行く予定です。
工場や実家の再建、どうなっているでしょうか。

末長いお気持ちと、温かい目で、お見守りくださりますようよろしくお願い致します!

2015,9,1

http://www.shantishanti.jp/blog/wp-trackback.php?p=960

ネパール地震への募金についてー6

2015 年 6 月 17 日

先日、地元伊豆で行われました’ tutty cafeの畑とお庭でマーケット ‘ にて、皆々さまより12090円の募金をいただきました☆

もとよりtutty cafeさんに置かせていただいていた募金箱と合わせると、18132円集まりました!

本当にありがとうございました!!

売り上げの一部を入れてくださいましたお店の方々、本当にありがとう!

ここに入れればいいのね、といって探して入れに来て下さった方々、本当にありがとうございました!!

心より御礼を申し上げます☆

友人たちはキャンプから家へ戻りつつあり、工場も再稼働しつつありますが、まだまだ地方ではいろいろな事、ものが行き届かないような状態です。

引き続きよろしくお願いいたします!!

ありがとうございました!!!

2015,06,17

http://www.shantishanti.jp/blog/wp-trackback.php?p=985

ネパール地震への募金についてー5

2015 年 6 月 3 日

taico clubにて、皆様より2812円の募金を頂戴いたしました☆

大切なお気持ち、優しいお気持ち、暖かいお気持ち、本当にありがとうございました!

2015,06,03

http://www.shantishanti.jp/blog/wp-trackback.php?p=991

コメントをどうぞ